まりの海

自分に潜る事で見えてくる世界

ウォーキング

今までもゆるーく、ちまちま歩いていたけれど、全然スッキリしないので、先週から近所のジョギングコースで、(ほぼ)毎日ウォーキングをするようにしている。

近所のジョギングコースは環境がすばらしく整っていて、ゆったりのんびりした公園で癒されるし、他の猛者たちも走っているから、励まされもする。いつか私もあれくらいランニングできるようになって、マラソン大会も出たいな〜と、よく見かけるおじちゃんランナーが今の憧れの人。

毎日それなりに歩く事で、今まで考えていたより楽しいウォーキングライフを送れている。

前に少し習っていたカバラ数秘術でも、誕生数29/11の人は、他のどの誕生数の人よりも運動量が必要っていわれていて、ずっと頭には残っていたけれど、ちゃんと歩き始めてから、本当にその通りだな〜って思う。

身体の不調も、毎日今の自分にとって程よい運動する事で、痛いところが無くなってきているのがよくわかる。悪いとか痛いという思いが減ってくると、それだけで嬉しいし、やりたい事もスムーズに楽しく取り組めるようになってくる。

あと私の場合、歩いている内に途中からあれこれ考えなくなるんだけれど、1日の内で無心になれる時間を持てるっていうのも魅力の一つ。昔お世話になってた整体師さんが、「精神的ストレスは肉体的ストレスに変えられるから、運動は良いよ〜。」と言っていたけれど、こういう事かなと日々感じている。ウォーキングってリズミカルな瞑想とか、歩く瞑想っていうもんね。

久しぶりに新しい遊びにハマった感じ!今日も涼しくなったらてくてくしに行こう。