まりの海

自分に潜る事で見えてくる世界

映画「マリー・アントワネット」が好きすぎる!

ソフィア・コッポラが監督した映画「マリー・アントワネット」の世界観が好きすぎる。かわいいにもほどがある!

2006年公開の映画だから、もう10年以上前の作品だけれど、かわいさは色褪せなくて、時間がある時によく観ている。

歴史どうこうというよりは、一人の女の子の青春物語と中世ヨーロッパの宮殿での生活を、上手く掛け合わせて描かれている。悲しいシーンもあるけれど、ノープレッシャーで観れるのもこの映画の好きなところ。見るたびに自分の「好き」が思い出されるし、とにかく目に入るもの全てがかわいいで埋め尽くされると、癒される!今日観た中で一番のかわいいポイントは、マリーがオーストリアで飼っていた犬のモップスちゃん!優勝!

六本木でやっていたマリー・アントワネット展に行って、華やかな部分だけではなく、晩年のマリーやその子どもの展示品を見て衝撃を受けたけど、歴史もますます知りたくなったし、やっぱりマリー・アントワネットの魅力は尽きない。

映画を観た後は、マリー気分を味わいに姉と銀座のラデュレへ。

f:id:freemagiccarnival:20170914203043j:image

かわいさでおなかいっぱい!