まりの海

自分に潜る事で見えてくる世界

イカとじゃがいもの煮物

今現在姉夫婦と暮らしていて、晩御飯はいつも姉が作ってくれている。

その中でも大好きなのが「肉じゃが」と「イカとじゃがいもの煮物」

じゃがいも王国で育った私は、小さな頃からじゃがいもが大好きで、よく母に頼んで作ってもらったメニューだ。

姉は結婚するまで料理をあまりした事が無かったのに、このメニューは亡き母が作った味に似ている。何でだろう?勘のさじ加減が似ているのかな。

きっと我が家以外でも、こういう風に自然と受け継がれていく味があると思うのだけれど、教えてもらっていない事なのに本当に不思議だ。味覚、五感が覚えているのか。覚えているだけでもすごいけれど、それを再現できるのはさらにすごいと思う。身体や心が覚えている記憶はちゃんと残っている。

不思議がいっぱいであると同時に、この味をいつか自分も作るときが来るんだろうなと、なんとなく思う。そしてご飯だけじゃなく、こうやって知らず知らずの内に人は色んなものを受け継いでいくのだから、意識のあるところはできるだけ、優しいものを使ったり、伝えていきたいと思った。

今日の晩御飯はイカとじゃがいもの煮物。早くお家に帰ろう!

お題「今日の晩御飯」